バックナンバー

KOSODE

vol.40

2009年1月10日発行

見る楽しみ、知る喜び、参加するトキメキ。「KOSODE」は、きものを通して、皆様と話題を共有し、ともに歩む会報誌です。

私ときもの

今回のゲストは、最もきものの似合う女優のひとりとして名高い紺野美沙子さん。これから本格的にきものに親しみたいという紺野さんの、清楚な着こなしと「国立新美術館」でのインタビューをお楽しみください。

季節の帯10選「桜」

新連載「季節の帯10選」では季節にちなんだ帯を毎号、編集部が厳選してお届けします。今回のテーマは“桜”。桜は古来から和服の文様はもちろん、歴史や文学などに登場してきました。そんな桜をモチーフにした帯の数々をお楽しみください。

きもの着回し術

帯や小物のコーディネートを変えることでさまざまな着こなしを提案します。「コーディネートの参考になるので嬉しい!」と読者からも人気のコーナー。読者モデルの方が、ご自身の装いで登場します。

美しい和顔

きものを着たときのヘア&メイクは悩みどころ。読者モデルが、アーティスト橋本靖男さんの手腕によって華麗に変身します。実践しやすく解説されたポイントもぜひ参考にしてください。

染織の旅「京都」

今号は、京都に「京友禅」を訪ねます。きものの染織の代名詞ともいえる「友禅染」。なかでも、雅やかで多彩な模様を表す京友禅は、熟達した職人芸のオーケストラとも称される程です。その魅力を誌面を通じて、じっくりとお楽しみください。

男の着姿

今号のゲストは立松和平さん。行動派作家として各地を旅してきた立松和平さんは、日本全国の染織にも一家言のある方。「きものには祈りが込められていま す。きものに込められた思想を私たちは忘れてはいけないのです」の言葉に秘められた深い想いを、どうぞ、じっくりと読んでみてください。

バックナンバー一覧へ最新号へ