バックナンバー

KOSODE

vol.33

2007年8月8日発行

見る楽しみ、知る喜び、参加するトキメキ。「KOSODE」は、きものを通して、皆様と話題を共有し、ともに歩む会報誌です。

私ときもの

今回のゲストは女優の酒井法子さん。一昨年からお茶のお稽古を始めたという酒井さん。東京の歴史や文化が偲ばれる「江戸東京博物館」で、きものへの思いを語っていただきました。清涼感あふれる夏のきもの姿も素敵です。

きもの着回し術

帯や小物のコーディネートを変えることでさまざまな着こなしを提案します。「コーディネートの参考になるので嬉しい!」と読者からも人気のコーナー。読者モデルの方が、ご自身の装いで登場します。

美しい和顔

きものを着たときのヘア&メイクは悩みどころ。
読者モデルが、アーティスト橋本靖男さんの手腕によって華麗に変身します。実践しやすく解説されたポイントもぜひ参考にしてください。

染織の旅「十日町」

今号は「十日町」。“蝉の羽”といわれるほど薄くて軽い「明石縮」を新潟県十日町市に訪ねます。明石縮がこの地に誕生したのは明治中期のこと。薄くて軽やかな着心地の秘密と魅力を誌面で堪能してください。

男の着姿

『きものを着るといつもと違う自分になれる。そんな自己演出もまた楽しいものです』俳優でもあり、ワイン&バー「O'hyoi's」のオーナーでもある藤村俊二さん。藤村さん自らが細部にまでこだわった店内で、夏のきもの姿を披露してくださっています。

バックナンバー一覧へ最新号へ