バックナンバー

KOSODE

vol.36

2007年8月8日発行

見る楽しみ、知る喜び、参加するトキメキ。「KOSODE」は、きものを通して、皆様と話題を共有し、ともに歩む会報誌です。

私ときもの

今回のゲストはエッセイストの安藤和津さん。撮影は落ち着いた和の空間が心和む「日本民藝館」で。いつも前向きな安藤さんのインタビューも必読。浴衣にまつわる、俳優の奥田瑛二さんとの微笑ましいシーンも。

きもの着回し術

帯や小物のコーディネートを変えることでさまざまな着こなしを提案します。「コーディネートの参考になるので嬉しい!」と読者からも人気のコーナー。読者モデルの方が、ご自身の装いで登場します。

美しい和顔

きものを着たときのヘア&メイクは悩みどころ。
読者モデルが、アーティスト橋本靖男さんの手腕によって華麗に変身します。実践しやすく解説されたポイントもぜひ参考にしてください。

染織の旅「鹿児島」

今号は「鹿児島」。本場大島紬を訪ねます。大島紬といえば藍大島や白大島、泥大島などが知られていますが、最近では紫いもなどを使?新しい大島紬も注目されています。精緻で美しい絣模様の魅力を誌面で感じてください。

男の着姿

新しく日本和装の"顔"となられた渡辺謙さんに、きものへの思いをお話しいただきました。「今はきものだけでなく、日本文化の大事な部分を占めているものが失われつつある…」そんな、渡辺謙さんならではの一言一言をじっくりとお読みください。

バックナンバー一覧へ最新号へ